読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワールド☆トラベル

世界約200ヶ国すべての国を旅するのが夢。 私が経験してきた出来事や海外旅行の良さを少しでもお伝えできればと思い、ブログを作りました!海外旅行の裏技、体験談、醍醐味などあらゆる角度から旅の情報を発信していきます。毎日20時にブログを更新します♪

世界で一番使われている言語は?言葉の壁とは!?

f:id:worldtravel22:20170418154636j:plain
あなたは何カ国の言葉を話すことができますか?

一般的な方は母国語の日本語、そして中学で3年、高校で3年習う英語くらいでしょうか。

そして大学の専門で習ってる方は中国語やフランス語、スペイン語などでしょうか。

中には5言語ほどマスターしている強者もいますが、
平均すると2〜3ヶ国語ほどでしょうか。




では世界で一番使われている言語はなんでしょうか?


10位から順に見ていきましょう。






10位 ドイツ語  1億3000万人

9位 日本語    1億3400万人

8位 ロシア語   1億8000万人

7位 ポルトガル語 2億1500万人

6位 ベンガル語  2億2000万人

5位 アラビア語  2億3000万人

4位 スペイン語  4億2000万人

3位 ヒンディー語 4億9000万人

2位 英語     5億3000万人

1位 中国語    13億7000万人

※Wikipedia参照





なんと1位は中国語です!

中国の人口は13億人にも及ぶので当たり前ですね。

そして日本語が9位に入ってるんです!



しかし英語が世界で最も多くの国で話せれている&影響力のある言語です。
(人口的には中国語ですが。)

では英語をマスターすれば、世界中の人達と会話ができるのでしょうか。


もちろんすべての言語が自由に話せたら一番いいのですが、
そんな天才的な人存在しませんよね。

世界では約学者によって数え方に違いはあるが、世界の言語の百科事典ともいえるEthnologueによると、現在、世界には6900ぐらいの言語があるといわれています。

パプア・ニューギニアにいたっては840以上の言語があるといわれています。



そんな数の言語を全部マスターするのは不可能です。
断言できます。





では、海外旅行に行くときはどうすればいいのでしょうか。


一番使えるのはやはり"英語"です!




英語を母国語で使っている国はもちろん、第二公用語として使っている国も数多くあります。



日本や韓国も含め、なんと18億人近くが英語を最低限の意思疎通レベルに話すことができるのです。


これは凄いことですね!

世界の約4人に1人が英語圏または英語を勉強していることになります。





しかし英語圏でない国では、最低限その国の挨拶(おはようやありがとうなど)は覚えていたほうがいいでしょう。

英語でサンキューと言われるより、現地の言葉でありがとうと言ってあげたほうが
相手も嬉しいはずです。

たった一つのコミュニケーションをとれただけでも、その喜びは計り知れません。



あなたも海外旅行に行くなら英語とかるく現地語をマスターしてみればいかがですか?

きっと素敵な出逢いに巡り合うはずです。